園芸療法士による園芸療法


園芸療法の効果


 

すべての人の身体や心の健康を園芸療法士の援助を得ながら園芸活動を通して回復させる方法です。園芸と人を結びつけ、植物を育てる行為で

持つ人々を癒していくという治療法です。

 


園芸と園芸療法の違い


 

園芸 

 

農家や個人の趣味までの幅広い作業で主に収穫や栽培の生産が目的となります。

 

 

 

園芸療法 

 

園芸療法士の指導と長期・短期プログラムのもとで対象者の体力に合わせた園芸療法を行います。

 

対象者の心と身体に五感の刺激を与え、心身機能の認知と効果を実証していきます。

作業を通じて心と身体の健康の回復を目的とし、各個人のゴールを目標としたプログラムを立てることで単なる園芸との違いがあります。

 




園芸療法の対象者


すべての人々が対象になります。健康な人(障を持たない人)にとっては園芸療法は生活の質の向上と代替医療の役割や認知予防を果たすものとなります。を持つ人々に対する園芸離療法の目的はリハビリ向上にあります。



園芸療法実施の活動先


個別療法または団体療法になります。

・病院でのリハビリテーション

 

・養護老人施設

 

・老人保健施設

 

・デイケアセンター

 

・知的障害者施設

 

・病院の小児科(ぜんそくなど)

 

・アルコール中毒者更生施設

 

・震災復興住宅

 

・ユニバーサルデザインの公園

 

・養護学校

 

・幼稚園・小・中・高等学校・大学

 

・法人企業内の鬱予防やリラクゼーション  

 

・コミュニティーガーデン

 (園芸療法ガーデンの提案)

  

社屋の庭・家庭の庭

 

障碍者・高齢者施設の庭

 

教育現場の庭・病院の庭

 

刑務所・少年少女更生施